2015年06月03日
投稿者: jbrown

If you have ever used a canary build of the Ember.js framework, you are likely familiar with feature flags. Used to bundle functionality and make it available in an application, it also allows for its use to be turned on or off via an entry in the application’s configuration file. While used by the Ember.js community to allow for an easy way to test new, and sometimes experimental, features in upcoming releases of Ember.js, there are times when such capabilities can be useful in your own applications.

2015年03月11日
投稿者: bpotter

In my first two blog posts in this series, Part 1 and Part 2, I covered many general aspects of how to use the SoftLayer API effectively. In this post, we'll dive into how to order SoftLayer resources using the SoftLayer API. [For ordering virtual servers, read Simplified CCI Creation for a great explanation of the simplified virtual server ordering process.]

2015年02月13日
投稿者: bpotter

In my previous blog post, I covered how to navigate the SoftLayer Services website, and how to query the SoftLayer API efficiently. In this post, I'll cover additional aspects of using the SoftLayer API with the python client.

2015年02月06日
投稿者: bpotter

So you want to code to the SoftLayer API, your language of choice is python (well done), and you’ve read the SoftLayer API Overview on the SLDN site. You've even read the article using the SoftLayer API from python, but it just felt like a tease.

2015年01月02日
投稿者: cgallo

We added a new feature, a simple bind importer, to the python CLI client that allows users to easily import bind style DNS zones into the SoftLayer DNS system. Before diving into the caveats that come with dealing with a file format that seems to be more human readable than machine readable, let’s discuss how to use it.

2014年12月08日
投稿者: admin

SoftLayer API のコンテキストでは、SoftLayer CloudLayer コンピューティング・インスタンス (CCI) は SoftLayer_Virtual_Guest オブジェクトによって表されます。SoftLayer_Virtual_Guest サービスを使用すると、特定の CCI と対話でき、SoftLayer_Account サービスを使用すると、アカウントのすべての CCI と対話できます。

2014年05月02日
投稿者: waelriac

この連載の第 1 回では、Chef の自動化、フレームワーク、用語を概説して、Drupal を紹介しました。今回は、Chef のサーバー、ワークステーション、クライアント・ノードをインストールして構成します。最初に、SoftLayer で 3 つの仮想サーバーを作成するために、SoftLayer CLI を使用して開発マシンを構成する必要があります。希望する場合は、SoftLayer カスタマー・ポータルを使用して仮想サーバーを作成することもできます。

ここでは、chef-server-demo、chef-ws-demo、chef-drupal-demo という 3 つのサーバーを使用します。各サーバーは、ドメイン softlayer.com で Ubuntu 12.04 LTS を稼働しています。Chef ワークステーションを開発マシンでも稼働できることに注意してください。ただし、別々にしておくことをお勧めします。

2014年05月01日
投稿者: waelriac

SoftLayer オブジェクト・ストレージにより、大容量の非構造化データを簡単にコスト効率よく、アーカイブし、管理し、提供できます。SoftLayer オブジェクト・ストレージは、OpenStack Swift に基づいて、堅固で、スケーラビリティーの高いオブジェクト・ベースのストレージ・ソリューションを提供します。これは、仮想マシン・イメージや、メディア、E メール・アーカイブなどの静的データの保管に理想的です。

従量制の価格設定、組み込みの SFTP、コンテンツ配信ネットワークとの完全な統合、そして SoftLayer が設計したタグ付けや検索機能によって、ご希望の方法でデータを保管、検索、活用できる機能を使用できます。必要になったときに容量を追加し、お好みの方法でアクセスできます。

オブジェクト・ストレージ・アカウントを管理するために、PHP や Python など、さまざまなクライアントを使用できます。ただし、このブログでは、REST API を使用して、SoftLayer オブジェクト・ストレージを直接管理する方法を説明します。

2014年04月22日
投稿者: hansKristian

SoftLayer ユーザーは、SoftLayer Web サイトでサーバーを注文したときに表示される美しい RAID コンフィギュレーターを見たことがあるでしょう。

これを使用すると、単一のディスク・アレイ内のすべてのドライブを含む簡単な RAID 構成から、ディスクと RAID タイプを任意に組み合わせた複雑な構成まで、何でも実行できます。

このインターフェースは見事で実用的ですが、このプロセスのスクリプトを作成できます。「Web インターフェースでできることは何でも API で実行できる」という SoftLayer の謳い文句はこの場合にも当てはまります。

単一の RAID グループ

使用しているドライブがすべて同じで、RAID 0、1、5、10 のいずれかの単一の RAID グループを使用したい場合は、対応するディスク・コントローラーを注文することで実行できます。

注文テンプレートを作成する際、RAID 対応サーバーが複数のディスク・コントローラーとともにリストされています。下記に、パッケージ 53 (インテル Xeon 3200 シリーズ) の関連価格 ID の例を示します。

2014年04月15日
投稿者: jmarhee

SoftLayer は、すべてのサーバーで脆弱点スキャンを無料で提供しています。カスタマー・ポータルで使用される場合は、特定のサーバーの 1 次 IP でスキャンを実行します。脆弱性と構成の誤りはサーバー管理において現実問題であるため、SoftLayer では、定期的にスキャンを実行して、サーバーに影響を及ぼす可能性があるセキュリティー・リスクに関して常に最新情報を把握するようお勧めしています。

SoftLayer API を使用すると、定期的な脆弱点スキャンの自動化は簡単です。

SoftLayer API を使用して、SoftLayer_Network_Security_Scanner_Request サービスは、アカウントに属するすべての IP アドレス (1 次 IP、ポータブル IP、静的 2 次 IP) をスキャンできます。下記に、CLI スクリプトの例を示します。ターゲットとして指定する IP はコマンド・ライン引数として渡されます。

Pages